MENU

初心者でも安心のライセンス不要のダイビング体験

ダイビング

海の中で暮らす生物に興味を抱くと、それらの生物と間近で触れ合えるダイビングにも関心を持つようになります。ただ本格的に楽しもうと思うとライセンスや様々な機材が必要になってくるため、敷居が高いイメージを持つ人も少なくありません。

 

しかしダイビングの中には初心者でも参加できるものもあり、ライセンス不要の体験型プランも存在します。まずダイビングがどんなものなのかを実感したい人や、ライセンスを取るまでに時間が必要な人は体験型のダイビングからはじめてみるのが適切です。

 

体験型の主な特徴は、初心者でも安全に楽しめるように配慮されている点です。ライセンスを持っている人達が集うコースとは違って穏やかで安定した海中で行われますし、必要になる機材のほとんどをショップが提供してくれるケースが多いので、場合によっては身ひとつで参加することもできます

ではどのようにダイビング体験に参加するかというと、大きく分けて二つの方法があります。

 

一つはダイビングがコースに入っているツアーに参加する方法です。インターネットや旅行会社のパンフレットを見れば、体験ダイビングを目玉にしているツアーが発見できるので、それに応募すれば後は旅行を企画した会社が詳細を詰めてくれます。

 

ツアーのメリットは旅行に応募するだけでいい点でしょう。中には水中で記念撮影を実施していたり、オプションプランで楽しイベントを用意している会社もあるので、自分好みの海の楽しみ方を選ぶことができます。

 

そしてもう一つの方法が、直接ダイビング体験を実施しているショップに問い合わせることです。ツアーとは違って現地まで行く手段などは自分で確保しなくてはいけませんが、自由度が高い点が特徴です。

ダイビング本格デビューの登竜門ライセンスのアレコレ

ダイビングとは、空気を詰めたタンクを背負って潜水して海を楽しむことができるスポーツです。始めるためには一定の講習を受けて、「Cカード」というライセンスを取る必要があります。

 

Cカードはダイビング指導団体が直接またはフランチャイズを通して発行している技能講習を修了した人に対する技能認定カードになります。

 

海中は陸上とは全く違う世界ですので、安全に対処するためにはきちんと講習を受けて資格を取ってから潜ることが必要となります。

 

 

もちろん手始めに簡単な講習を受けた後に行う体験ダイビングというものもありますが、潜れる場所は限られており、また潜りたいと思ってももう一度講習や実技を受け直さなければ潜れないというメリットがあります。

 

ライセンスを取っておくことで、どこの海でもダイビングを楽しむことができるようになります。

 

免許の種類は様々で、一般的に始めたい人が初めて取得する資格で、水深18mまで潜ることができるようになるのが「オープンウォーターダイバー」、この資格の上位資格で船からダイビングができるようになり、水深30mまで潜れるようになるのが「アドバンスドオープンウォーターダイバー」、救助のスペシャルティライセンス、プロを目指す人には必須のライセンスが「レスキューダイバー」などがあります。

 

必要な費用は場所によって異なります。海がない都市などダイビングスクールでとる場合には6?8万円程度が相場で、リゾートでとる場合には旅費や交通費も必要となっていきます。
費用の中には、学科講習、プール講習、機材のレンタル代、保険料、カード発行費用、試験費用などが含まれることが一般的ですが、スクールやショップによって異なるためしっかり項目を確認することが大切です。

Cカードって何?ダイビングライセンス取得のためのスクール解説

ダイビングのライセンスは、Cカードが証明となります。Cカードとは、Certification-Cardのことで、認定証という意味があります。ダイビングに関する知識と技術を、習得したことを証明する認定証となります。

 

Cカードにはランクがあります。レベルが上がるにつれて、ダイビングを楽しめる範囲が広がっていきます。

 

したがって、Cカードを取得出来るスクールに入り、入門コースから始めていくことがよい方法となります。自分のペースで、レベルアップを目指していくことが、楽しめることにつながります。
ダイビングスクールは、色々とあります。通いやすいところなど、自分の生活に支障が出ない範囲で、スクールを探すことが大切なこととなります。

 

東京等の都会に住んでいる場合、自宅から通えるところにスクールはあり、そこで主に授業を受けるようになります。ライセンス取得のためのコースも開講されている場合が多いため、Cカードを取得したい人達は、目的に沿ったコースを選ぶようにします。

 

スクール内の授業だけではなく、海での海洋実習に参加出来ます。資格を取得するためのコースには、受講に関する様々な費用が含まれていますので、その都度、色々と支払う煩わしさがありません。Cカードを取得したい場合には、信頼の出来る、評判のよいスクールに通うことが必要です。

 

また、ダイビングのライセンスを取得したい人達に向けて、ツアーも企画されています。行ってみたいような、魅力のある海で、何日間か、宿泊をして、ダイビングの知識と技術を学びます。ライセンスも取得出来るツアーに参加すると、楽しみながら資格が取得出来ます。

 

この場合は、ある程度の費用がかかりますので、納得が出来る人達には向いています。

ダイビング初心者でもOKおすすめスポットを探る

ライセンスを取得したら、ダイビングをたくさん楽しみたいですよね。ですが、場所に悩む方も多いのではないでしょうか?初心者、向けの潜りやすい海はどういうところでしょう。

 

まずは日本の海を楽しんでみるのがオススメです。海外には美しい有名なスポットがたくさんありますが、いきなり海外となると不安も多いはずです。言葉の壁だけでなく海外では文化や生活の違いがあります。その点日本のスポットだと日本というだけで安心できますよね。

 

まずは、家の近くの海で慣れてみることをオススメします。何度も潜り慣れることで自身にもつながります。近場の海だと安心できて、心に余裕もうまれます。無理なく何度も潜れるスポットを探しましょう。
足場が良く、波が低く、流れがゆるやかな海を選んでください。初心者向けのファンダイビングツアーに行ってみるのもいいでしょう。

 

ダイビングにオススメの季節は秋です。初心者のうちはウェットスーツで潜ることがおすすめなので秋がとてもいい季節なんです。夏はのとても人が多いのでゆっくり潜ることができません。繁忙期が過ぎた秋は、風も穏やかで水の透明度も高いスポットが多く、ゆっくりと楽しむことができます。そして冬の海はもっと透明度が高く素晴らしい海の景色を見ることができます。

 

日本国内には多くのダイビングスポットがありますが、特に有名なのは沖縄県の慶良間諸島です。本島から1時間程度で行ける世界的にも有名なスポットです。ケラマブルーと呼ばれる海の透明度はとても素晴らしく、サンゴや色とりどりの魚たちが魅了してくれます。そして、慶良間諸島はウミガメの産卵場所でもあり間近で海を泳ぐウミガメを見ることもできます。
次にオススメなのは、沖縄本島からちょっと離れたところにある宮古島です。

 

魔王の宮殿というとても人気のスポットがあります。幻想的な青い光を見ることができます。ダイビングを始めたのなら一度はおとずれたい場所です。